健康

乳酸菌が含まれている食品

「乳酸菌が含まれている食品」

乳酸菌が含まれている食品といえば、ヨーグルトですが、それ以外にも乳酸菌は様々な食品に含まれています。
そのような食品の中に乳酸菌が含まれているのかを知りましょう。

乳酸菌というと、牛乳などを使っているヨーグルトを一番初めに思い出しますが、ほかの食品にもたくさん含まれています。
どのようなものに乳酸菌が含まれているのでしょうか。
まずは、代表的なところでヨーグルトやバターなど。
意外と知られていない乳酸菌を含むものでは、醤油やヌカ漬け。
お味噌汁にも含まれているのはご存知でしたか?
お味噌汁に使っているお味噌に乳酸菌が含まれているのです。

そして、このぬか漬けやお味噌に含まれている乳酸菌は「植物性乳酸菌」と呼ばれるもので、ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌よりも厳しい環境の中で育まれた乳酸菌なので、
より生きたまま腸に届く可能性が高い乳酸菌なのです。
ぬか漬けなどは、漬物にその乳酸菌があるわけではなく、ヌカ床に乳酸菌が多く生息しており、その乳酸菌を使っているぬか床から、食品に浸透して、その食品を食べることにより、
乳酸菌が体内に吸収されていくのです。
更には、嗜好品として好まれている日本酒やワインにも乳酸菌が含まれています。
このように挙げてみると、発酵食品によく含まれているということにお気づきになられるかと思います。

海外の食品の中で乳酸菌を含む食品で、代表的なものといえば、韓国のキムチ。
同じく中国のザーサイにも大量に乳酸菌が含まれています。
インドにもあります。
「チャッツネ」という香辛料はご存知ですか?
このチャッツネは果物と野菜を煮込んで作られているものなのですが、甘いスープのなかにインドの香辛料が入っているもので、カレーを作るときなどは、
日本ではリンゴなどの代わりに甘味を出すものとして、カレーの中に煮込んだり、インド人は、日本人がカレーを食べる時に福神漬けを使うように、
福神漬けの代わり(?)のようにお皿の横にのせて食べます。
これは、インドのカレーの辛さを甘いものを一緒に摂取することで、より辛味を出すためだと思われます。
それ以外にも、ドイツやヨーロッパにも独特の料理の中に、乳酸菌を沢山含む食品があります。

乳酸菌は古い時代から様々な国で食べらててきています。
そして、様々な料理の形に変化して、体内に自然と取り込まれています。