健康

乳酸菌の働き

乳酸菌は体の中でたくさんの働きをしてくれています。
特に成長作用が有り、便秘がちの女性にとってはありがたいものでもあります。
乳酸菌にどのような効果があるのかを知りましょう。

乳酸菌には抗菌作用や免疫増強作用があります。
腸内を常に酸性に保つ働きをして、体内で有機毒物を作り出す菌や、その他の病原菌の活動を抑えています。
また、腸内での発がん性物質の合成を妨げる働きもありますので、抗がん作用もあると言われています。
乳酸菌の効能で最も知られているのは整腸作用で、蝶を活発化させて、食物の消化吸収に役立っていたり、腸を活発化させることにより、便が出やすくなる働きを助けることです。
乳酸菌には様々な役割があるのです。
乳酸菌は酸で出来ていますので、食品としては酸味の強いものが多いのです。

人間は生まれてすぐ、腸の動きが活発になっていき、腸内に菌を蓄積し始めます。
乳幼児の時には、乳製品をたくさん摂取しているため、乳酸菌がたくさん存在しますが、年をとっていくにつれ、乳酸菌が体内から徐々に減っていきます。
これは食生活にも年齢とともに変化が起こるため、減っていくということも考えられます。
ですから、生きた乳酸菌を腸に送り届けるということは非常に大切で、胃酸や胆汁などで乳酸が死滅してしまわないような食物を摂取することが大事なのです。
ただし、もし生きたまま腸まで届くことが出くたとしても、そこに定着することができなければ、便として排出されてしまうという、悲しい運命を背負っています。
もちろん、腸にたどり着くまでのあいだに死滅してしまった乳酸菌も、現存している善玉菌のエサとなりますから、決して無駄ということではありません。

乳酸菌には以下のような役割があります。
●便秘の改善
●腸内の悪玉菌を減らす
●朝の運動を活発化させる
●アレルギー改善
●免疫力の活性化
●血圧の降下

上記以外にもたくさんの役割がありますが、上記が主だった効能です。

乳酸菌を摂取するということは、例え腸にたどり着くことができなかったとしても、それは無駄になっているのではなく、体内に良い効果をもたらしてくれます。
この乳酸菌は現在では乳酸菌のサプリメントというものも販売されていますので、このようなサプリメントを利用してみるというのもいいのではないでしょうか。