健康

乳酸菌とヤクルト菌

「乳酸菌とヤクルト菌」

乳酸菌とヤクルト菌についてお話しましょう。
乳酸菌はどういうものか?
糖分を分解しその代わりに乳酸を発生させることができる細菌のことを乳酸菌といいます。
この乳酸菌は体内、おもに腸内に含まれていてその数100兆個とも言われています。
重さにしてなんと1キロ以上になることもあるそうです。

腸内には乳酸菌である善玉菌と悪玉菌が共存しています。
どちらかが増えればどちらかは減るというようにどちらかがなくなることはなく均衡を保っているのです。
ちなみに悪玉菌がなくなることはありません。
この悪玉菌がどんどん凶悪(笑)になることで、善玉菌はどんどん強くなっていくのです。
善玉菌のひとつである乳酸菌は整腸作用や、腸内の活動を活発にしたり、便を排出するのを手伝ったりするほかに体を病気から守る、免疫力を強化する働きもあります。
腸内に善玉菌を入れると風を引きにくくなるというのは、こうゆうことなのです。

しかし乳酸菌は酸に弱いのです。
ですから口から摂取しようとも、口のなかや胃酸でとけてしまってなかなか腸内まで届かないもの。
そこでそのような消化液に強い菌として開発されたのがヤクルト菌です。
別名は「ラクトバチルス カゼイシロタ株」とも言います。
むかしCMで歌われていたあれですね♪
ヤクルト菌は「腸までいきたまま届く乳酸菌」とも言われてます。
ですから腸内環境を強化するためにはとてもよい菌なのです。

ちなみにこのヤクルト菌ももとから体内にあった乳酸菌なのです。
研究者の代田博士によって研究され、消化器官にもまけない乳酸菌はないものかと、体内から採取していろいろな実験にも耐え、生き残った菌、それがヤクルト菌。
さらに胆汁や胃液をどんどん投入し、徐々にその耐久性を強めていっていまのヤクルト菌といわれるものになったのです。

またヤクルト菌は腸内のなかでもおもに小腸に働きかけます。
小腸で乳酸を発生させて、腸内を刺激して便排出を助けてくれます。
また悪い菌からも守ってくれる効果があります。
たとえば、ヤクルト菌は大腸菌だったりバクテリアに強いため、それを抑え腸内環境を守ります。
腸内環境を整えると、体内にある免疫細胞を活性化してくれるため結果、がん細胞だったり、様々な病原体から体を守ってくれるようになるのです。