健康

乳酸菌とは?

「乳酸菌とは?」

乳酸菌は人間の体にとって細菌ではありますが、良い働きをする細菌だということを覚えておいていただきたいです。
この乳酸菌がどのようにして体の中で生きているのかを考えましょう。

乳酸菌というのは動物でも植物でもなく、細菌の一種です。
細菌と呼ばれるものには人間の身体に良い働きをするものと、悪い働きをする者がありますが、乳酸菌は良い働きをする細菌です。
乳酸菌は別名「善玉菌」とも呼ばれています。

乳酸菌というのは、ブドウ糖や乳糖を分解し、大量の乳酸をつくる細菌のことを指しています。
私たちの体内には、腸というものがあり、その腸の中には100兆個以上の多種多様な細菌が住んでいるのです。
この100兆個以上の細菌の中には「善玉菌」と「悪玉菌」があり、マス取りゲームのように、常に陣地を取り合っています。

善玉菌である乳酸菌は、糖を消費し人間の身体の中でエネルギーを生成する役割を担っています。
この乳酸菌は、栄養素を独自の菌の中で生成することができないので、人間の体内で炭水化物・タンパク質及び脂質、ビタミン、無機質を、常に要求しています。
乳酸菌が人間の体内で活躍するためには、この5代栄養素と呼ばれる5つの栄養素を体内で吸収しています。

体の中に取り込まれた善玉菌のエサを食してこの乳酸菌は生きているのです。
では、この善玉菌の「エサ」はどのようにして取り込まれているのでしょうか。
これは、人間が身体にいいと思い、ヨーグルトなどの乳酸菌を口から取り込んでいますが、その口から取り込まれた乳酸菌は、そのほとんどが胃酸や胆汁で、死んでしまうのです。
これは、人間の体が、外部からの菌に対して異物とみなして殺そうとするから起こります。
しかし、この死んでしまった乳酸菌の死骸が既に腸に生息する善玉菌のエサとなるわけです。
ですから、ヨーグルトを食べても体の内部に届く前に死滅してしまうからといって、食べないというのではなく、腸に生息する善玉菌をきちんと活かすために必要なことなのです。

この乳酸菌には、体内でのいろいろな働きがあります。
体を健康に保つためには、乳酸菌が体内に必要だということを覚えておいてください。