健康

乳酸菌と発酵食品

発酵食品を作る上で欠かせないのが乳酸菌です。
様々な風味や香りを楽しむためにこの乳酸菌は欠かせません。
また、乳酸菌の持つ長期保存ができるようになるという特徴を生かした発酵食品がたくさんあります。

乳酸菌の中には酸がたくさん含まれており、発酵させるには一番適している菌なので、今までの人間の生活の中で様々な発酵食品を発酵させるために利用されてきました。
乳酸菌を使って発酵させると、乳酸菌のもつ酸が、風味をその食品に与えるためです。
さらには、乳酸を使うことによって食品が酸性の食品になるため、腐敗を抑えたり、食中毒の原因になってしまう、他の微生物を繁殖しないように抑える効果があるため、
食品の長期保存が可能になるのです。
よく考えていただくと、発酵食品は賞味期限が長いと思いませんか?

また、乳酸菌の中でも植物性乳酸菌と呼ばれるものは、米や豆などの植物が素材になっているものを発行させる乳酸菌のことですが、この乳酸菌は、醤油や味噌、納豆などに
大量に含まれていて、この植物性乳酸菌はほかの乳酸菌よりも酸に強いため、死滅することなく、生きたまま腸へたどり着くことができる可能性が高いと言われています。
納豆などが一度発行しているにもかかわらず、腐敗することなく私たちの食卓にあがるのは、このような乳酸菌の働きのおかげなのです。
このように、乳酸菌と発酵食品は密接な関係を築きあげており、発酵食品には、なくてはならない存在なのです。

私たちも乳酸菌が含まれているということを知らないまま、口に入れていることが多いものですが、食パンなどを最近はご家庭で焼くというのも珍しくなくなってきました。
この食パンを焼く過程でドライイーストを用いると思いますが、このドライイーストも発酵食品です。
独特な匂いがするのを、おうちでパンを焼いている方はご存知のことでしょう。

発酵食品には乳酸菌だけではなく、様々な菌が使われています。
みなさんがよく飲まれているビールは ビール酵母、ワインはワイン酵母、パンはパン酵母。
納豆は納豆菌です。

このような様々な発酵食品に使われている菌は、体の健康を維持するためには必要不可欠であり、また 食品の長期保存などにも役立っていることから、
私たちの健康な生活を保持するために、この乳酸菌を含む善玉菌と呼ばれる菌類をきちんと摂取するように心がけましょう。