健康

乳酸菌とビフィズス菌

「乳酸菌とビフィズス菌」

乳酸菌とビフィズス菌のお話をしましょう。
とくにヨーグルトのCM、健康食品のCMだったり各メディアを通じてよく聞くこのふたつの菌ですが、この二つの違いって知っていますか?
乳酸菌とビフィズス菌はよく同じようなものの扱いをされていますよね。
人にきいても「同じようなものなんじゃないの?」といった答えが返ってくるほうが多いでしょう。

この二つは簡単にその効果を述べるとともに善玉菌といった種類に分類されていて、おなかの中で増えていくことでよりよい働きをすると言われている菌です。
ですが細かく分類するとその働きは違うのです。
ビフィズス菌というのはもとから体内にある善玉菌です。
酸素に弱いため、酸素がない腸内(主に大腸で)に生息している菌です。

一方の乳酸菌もこれも実は体の中にもとからある菌です。
こちらは酸素に強いため、空気に触れる環境でも生息することができます。
腸内にももちろんですが、口の中だったり、性器内にいて、体に悪影響をもたらすウィルスだったりを殺菌し細菌感染を防ぐような役割を持っています。
乳酸菌は糖を分解して腸で乳酸を発生させる菌であるから「乳酸菌」といわれているのです。
ちなみに乳酸菌はもちろんビフィズス菌も同じ働きをします。
なので、ビフィズス菌もこの乳酸菌のカテゴリーに含まれるといってもいいですね。

ですが、ビフィズス菌には乳酸菌にない働きも持っています。
乳酸菌ではつくることのできない酢酸だったりキ酸をつくることができます。
これはビフィズス菌のみがもつ大きな特徴です。
ここが一番の両者の違いといえます。

ですが、どちらにせよ、体内に取り入れられることで腸内にあると悪さをする悪玉菌の生成を抑制することができたり、少なくすることができたりすることには変わりはありません。
乳酸菌を多く取ることで風邪に強い体をつくったり、病気に負けない体作りを腸からつくることができます。
プラスビフィズス菌が発生させる酢酸。
これは強い殺菌作用があります。
そのため最近ニュースでも取り上げられましたが、O-157などの大腸菌の感染を防いでくれたりとその殺菌力で悪玉菌やウイルスをさらによせつけないようにすることができるのです。

両者ともよい腸内環境を保つためにはぜひともとっておきたい善玉菌です。
健康な体をつくるために毎日摂取していきましょう。