健康

乳酸菌の種類

「乳酸菌の種類」

乳酸菌には数え切れないほどの数があります。
みなさんがよく耳にする乳酸菌から、聞いたことのないような乳酸菌まで、本当に様々です。
その乳酸菌の種類についてご説明します。

乳酸菌には様々な種類があります。
乳酸菌というのは様々な食品に含まれており、日常から私たちの体内に入ってくることは多いのですが、腸まで到達できる乳酸菌はほんのひとにぎりです。
乳酸菌で主に挙げられるものは以下のとおりです。

【 ビフィズス菌】
乳酸菌といえば、テレビでもよくコマーシャルなどで取り上げられているこのビフィズス菌。
ビフィズス菌は乳酸菌の中でも名前のよく知られる代表的な菌です。
このビフィズス菌の体にもたらす効果というのは、悪玉菌の繁殖を防ぐ効果があることで知られ、食中毒の原因になる細菌などを防ぐ効果があると言われています。

【ヤクルト菌 】
ガゼイ・シロタ株というのがこのヤクルト菌の正式名称です。
このヤクルト菌を主成分として販売されているのが、みなさんがよくご存知のヤクルトやジョアでしょう。
このガゼイ・シロタ菌は耐酸性があり、胃酸や胆汁で死滅することが少ないと言われています。
ヤクルトのコマーシャルでも、「生きたまま腸に届く」でおなじみですね。
まさに、このコマーシャルのとおりなのです。
ガンの予防や再発の抑制などに効果があると言われております。

【KW乳酸菌】
花粉症の柔和などを目的に研究をされ、開発されたのが、このKW乳酸菌です。
この乳酸菌はサプリメントにより摂取が可能な乳酸菌ですが、最近では市販のヨーグルトにこの菌を配合したものも販売されているようです。

【LG21 】
みなさんは「ピロリ菌」というのを聞いたことがあるかと思います。
ピロリ菌とは、世界の約50%の人が保菌者だと言われているのですが、疾患はほとんどの人には現れません。
必要以上に怖がる必要はないのですが、胃潰瘍や胃がんと密接に関係していると言われているものです。
このピロリ菌の活動を抑制すると言われている乳酸菌です。

植物性乳酸菌
お味噌やぬか漬けなどのような発酵食品に含まれています。
この植物性乳酸菌も生きたまま腸まで届く可能性が高い乳酸菌です。

この他にも
「コッカス菌 」
「L29乳酸菌 」
「 L-92乳酸菌 」
「 EF乳酸菌 」
「 ETF-2001」
「 クレモリス菌」 など、多数の乳酸菌があります。